タイトル2 タイトル3 タイトル4 タイトル5 タイトル6
    画像をクリックすると施工の工程を見ることが出来ます。
    宅地造成工事とは
    土地を宅地へ改良するための工事。土地の形質を変更すること。
    具体的には、低い土地では土を盛ったり(盛土)、がけ地では斜面を切り崩したり(切土)して、擁壁(ようへき)や道路を整備したりすること。

    宅地造成を行っていく現場の土地です。地域の皆さんの生活の基盤(住宅)を文字通り支える重要な業務です。大きな責任を感じて業務を進めてまいります。まずは、現場の雑草を刈り込み重機等が敷地に入れるように、下準備を行います。

    擁壁を作るために掘削し、鉄筋を組み、型枠を組み立てます。

    擁壁が出来上がり、掘削した土を埋戻し、しっかりと転圧します。

    接道の整備を行います。宅地造成の仕事の内で接道の整備も重要なプロセスの一つです。

    接道をアスファルトで舗装し、周辺を整然と強固に仕上げます。
    Copyright© 2014 Yamamotokoumuten Powered by touch